IWDDミーティング#23いってきました
2008.06 17

いきなり話は飛びますが、人間の視認能力の限界は思いのほか低いそうです。なので、サマリを頭に3行でつけるというのを今後やって行こうかなと。というか、自分で書いたエントリを読み直して長いしまとまってないしで云々とりあえず改善 […]

いきなり話は飛びますが、人間の視認能力の限界は思いのほか低いそうです。なので、サマリを頭に3行でつけるというのを今後やって行こうかなと。というか、自分で書いたエントリを読み直して長いしまとまってないしで云々とりあえず改善したいということです。

  • 地震の影響でRails祭りは次回以降に持ち越し
  • Visual Web Developer 2008 便利すぎ
  • ワークショップのいい所は全員が発表者になれる

100% Railsで開発するならサーバ屋になるしか?

当日はRails勉強会@東北からの参加予定もあったのですが、地震によって不参加確定。これに関してはまた機会があるでしょうし、仙台での開催に一度、足を運ぶ方が早いのかもしれません。
開発よりの話もそうですが、Railsはようやくmod_railsが出てきて、共用サーバでRailsが動く日が来そうですが、まだそれは先の事でしょう。
Railsは今のところ、専用サーバでしか使えませんが、Rails勉強会@東北から参加される方々は、100% Railsで開発というチャレンジャー。「Rails屋」なんてどうやったら・・・?と思ったら、自分たちでホスティングしているとのこと。ですよね。

短納期、低予算、高機能という要求が来た場合、今のところ運用費として専用サーバだけは我慢してもらってRailsでスパイラルモデルというのが私としては現実解です。共用サーバで動かせるという要件を満たすために、PHPでRailsもどきを作り、簡易ActiveRecordも作りましたが、何か努力の方向が間違っている気がしてなりません。

ですが、Railsの肝とも言うべきActiveRecordを追って、自分なりの解釈で作ったのはいい勉強になりましたけどね。

そのうちDreamweaverもAptanaもいらなくなるかもしれない

私はAptanaをIDEとして使用しています。理由は

  • Railsの開発も同時にできる
  • SVNがIDEに組み込み済み
  • 複数ブラウザチェックが楽

といったところでしょうか。ですが、Visual Web Developer 2008がかなり良さそうです。

  • Microsoftの補完はさすがの一言
  • IE以外のブラウザチェックも可能
  • Javascript補完もOK
  • GUIベースのHTML作成もできる

Microsoft製のIDEは使い慣れてますから、フィールがなじんでいるというのも大きいです。惜しむらくは、バージョン管理のプラグインは有料である事、AjaxベースのJavascriptデバッグは無理(当たり前だけど)。デバッグはFirebugがありますが、IE上のデバッグはその仕様上いかんともしがたいので今後に期待。
少なくとも、私にとってDreamweaverを使う理由はなくなりました。が、RailsでのというかCGI関連の開発を考えると、SVNでソース管理をしているので、しばらくはAptanaになりそうです。

人間の視線誘導とUIの関係について議論中

そして、オープンUI設計をしてみるという名目のもと、バブルマップアプリについてアイディア募集してみました。というのは実は後付けでして。

発表者はもう1人一緒にいったプロジェクトメンバだったのですが、ここの所の情報を次元で考えるという議論について、私たちが出した今の結論を発表させてもらいました。
これは、このブログでの公開用にもうちょっと手を加えて作り直したい所。ModelをViewに対してどう写像するか。つまり、n次元の情報を2次元で表示するとしてどういった手法がとれるか?という点を欧文・邦文の書体や新聞、はたまたiTunesのUIを例に分析するという内容です。

実はこの内容も割愛した点が非常に多く・・・本当は遠近法におけるフォーカスの話や時間軸を4次元目としていれた場合の人間の情報認知などもあります。が、ここら辺は内部で議論中のところもあるので、またの機会にとしました。というか、このブログでも書いて行きます。

TODO管理の手法は業種によって様々。だがそれがいい。

バブルマップアプリは、もともとはTODO管理に気持ちよさとソフトウェアならではの利便性を追加という名目でしたが、IWDDの方々の意見で大きくその仕様を変えようと思いました。
やはり皆さんの日々の業務と直接関わる所ですから、アンケート形式で意見をもらいながら初めて見ると、アイディアがもうこれでもかと出てきました。そもそも、TODO管理はやってないです。という方の意見も非常に参考になりました。

これも別エントリとしてまとめたいと思います。ただ、時間軸を足すという方向性は合っているようです。あとはその実装の仕方ですね。

ひさびさにブレインストーミングをやった

大まかな流れとしては

  • 白紙に問題提起をして、解決方法に文章を置き換え
  • 付箋に1分〜3分で数セットのアイディアだし
  • デザイナとプログラマを混ぜてグループ分け
  • 模造紙に付箋を貼って整理
  • ホワイトボードにワイヤーフレーム作成
  • お互いのグループに向けてプレゼンテーション

その最中に若手育成の心遣いがあったりと、久々のワークショップ形式を楽しみつつ参加しました。IWDDのサイトリニューアルをという名目で、「IWDDのサイトの存在感を出すには?」という大テーマは出されていました。個人的に思ったのは、ブレインストーミングでもマインドマップでもいいのですが、この手のはテーマの具体性と参加者の背景共有がポイントで、事前のテーマについてのミーティングがなかったように見受けられたので、自分もですが、ややアイディアが散漫かなと思いました。

とはいえ、そこはIWDDの方々が自分で作ったサイトな分、理解度の高さで補えているようでした。あと興味深かったのは、私がいたグループはデザインの指向が王道的だったので、ちょっと破壊的なアイディアを出す立ち位置を振る舞ってみました。こちらのグループは機能中心で、向こうのグループはコンテンツとレイアウト中心という印象を受けました。

今後のリニューアル結果が楽しみです。

情報の往来と共育

最後に全体を通じての雑感を。IWDDは23回という開催回数をこなしているだけあって、既に様々なミーティング手法を試しており、そのノウハウは貴重です。加えて、青森と比べるとより情報の往来が多いと感じました。参加者比率が良い意味でバラバラなんですよね。
こういうのは意見が固まらないことが大事だと思うので、アイディア出ししてる時の楽しさは心地よいものした。たくさんの刺激に感謝です。こういった交流を通じて、教え育てるのではなく「共に育つ」関係でありたいと思っています。

あと、開発者の悩みがあまりにも身に染みる話でやたらと親近感わきました。
どこいっても大差ない気がしてなりません。だからこそ、LifeHack系の日々を楽しくして行く方法に目が向いているというのもあります。技術は利用目的に合わせて身につけていくし、そのための勉強は当然ですから、「やって覚えればいいだろ」ぐらいに考えてます。

どちらかというと、ノウハウやアイディア出し惜しみしない土壌を作っていきたいですね。このアイディアを出したら誰かに先を越されるかも・・・!と思うよりは、作ったのは誰であれ自分の考えが世に出た事にもなったぐらいに考えて行きたいですね。

またモチベーションがあがった1日でした。

この記事へのコメント

アバウトミーを構成する4要素を考えてみる
2008.06 06

niftyによりアバウトミーというサービスが公開されています。登録ユーザがアンケートに答えていくことで、他の人がどういう傾向があるか、自分がどういう傾向があるかに気づくという内容ですが、おもしろいのはユーザ自身もアンケー […]

niftyによりアバウトミーというサービスが公開されています。登録ユーザがアンケートに答えていくことで、他の人がどういう傾向があるか、自分がどういう傾向があるかに気づくという内容ですが、おもしろいのはユーザ自身もアンケートを作成できて、他のユーザが答えてくれたり、コメントがついたりという点です。「今どき」のWEBサービスではありますが、これも「うまいなー」と思わせる要素があります。

サービスを構成する要素を考えてみる

まず、WEBに限らず世にあるサービス(ゲームやギャンブルも含む)を構成する要素はなんだろう?とプロジェクトメンバで話していた時に、以下の4つがあるだろうという話になりました。主に娯楽サービスが根拠となっています。

ランダム
毎回、問題や結果が変わる。次を予測しにくい。
蓄積
アクションの結果をカテゴライズしながら蓄積していける。後から蓄積結果を参照できる。
単位時間
メインのサービスを一通り利用するために要する時間。
即時性
自分が起こしたアクションに対してすぐに結果が反映される。

この4つで構成されて、かつバランスが現代の時流や生活に合っているものが成功しやすいと考えました。中でも、単位時間と即時性の関係が大事だと思われます。

アバウトミーに照らし合わせてみる

では、実際にそれぞれの要素についてアバウトミーではどうなっているかを見てみます。

ランダム
毎回アンケート(質問)が変わる。ただし、「人気の質問」といった簡単な制限を加えられる。
蓄積
これまでに答えた質問、作った質問の履歴を参照可能。また、回答数と作成数のランキングもある。蓄積された情報すべてについて、性別・年代で絞り込みを行うことが可能。
単位時間
複数の選択肢から1つを選ぶのみなので数秒。問題作成についても、選択肢にテキストをどんどん入力するだけで作れるという簡単さ。いつでも止められるが、中毒性も高く、延々と答え続けられる。
即時性
自分がアンケートを作成した直後から、すでに回答がある場合もある。(アンケート数の増加によってこの速度は落ちていくと思われる)

4つの要素を満たすのは最低条件

では4つの要素を満たせば、すべてのサービスは成功するのか?といえばそうではないと思います。少なくとも、ここまで来てスタートラインでしょう。次に考えるのは「サービスのローカライズ」です。

少なくとも、日本人向けのサービスであれば「匿名性」「帰属意識」という要素が必須となると思います。根拠を話せば長くなりますが、実例は枚挙にいとまがありません。(匿名掲示板、SNS・・・etc)
ですが、これを考えてもまだブレークスルーとなるサービスにたどりつけるかどうかは別問題です。ここからは、やはり人間行動を分析して分析して・・・という積み重ねによって生まれた視点が決め手となると思います。

少なくとも、アバウトミーの場合は日本人の帰属意識という本質をうまくついていると思います。また、アンケート作成後にすぐレスポンスがあるという即時性は落ちていくと述べましたが、アンケートの多様化によってカバーされていくと思います。「企業からのアンケート」「アンケート作成者のアイドル化」「特定分野アンケートの増加」・・・ひらたく言えば、ニコニコ動画と同じ道でしょう。そこでどういった想定外の効果が生まれるか楽しみでもあります。

ここ最近は、技術的な話から普遍的真理や人間の行動を分析する機会が多くなってきました。だから、新しい人と会うのが、人と話すのが楽しいのかもしれません。というわけで宣伝ではありませんが、話を変えます。

IWDDミーティング #23に参加します。かつ第3部のプレゼンテータまでやることになりました。テーマはオープンUI設計をしてみるです。先日のバブルマップアプリについて、基本的な構想はできてきました。ここらで、その内容を共有して参加者でUI設計してしまおうかなと目論んでいます。
発表ネタになって、かつ様々な人のフィードバックをその場で受けれてと一石二鳥かなと。今から楽しみです。

この記事へのコメント

作者について

青森県内でソフトウェア・システム開発を行うフリーランスのプログラマー。元々は集中監視システム開発に従事。現在はウェブサイト製作・オンラインシステムの開発案件を中心に、プログラミングのスキルトレーニングや講演も行う。

TEL 0172-55-7030  FAX 0172-55-7031
10:00 - 18:00 土日祝休

恐れ入りますが、お急ぎの場合を除いて、メールにてお問い合わせください。