iPhoneの話をとめどなく広げてみる
2008.06 11

「iPhone 日本 売れない」とググると、このところのソフトバンクiPhone発売決定に合わせて、それぞれの思うところが書かれているようです。私もつらつらと書いてみようと思った次第です。多分、脱線しますけど。簡単に要約 […]

「iPhone 日本 売れない」とググると、このところのソフトバンクiPhone発売決定に合わせて、それぞれの思うところが書かれているようです。私もつらつらと書いてみようと思った次第です。多分、脱線しますけど。簡単に要約すると

  • 日本で必須のサービス(着うた、モバゲーなど)が使えない
  • 月額の通信料がばかにならない(最大15MBで9,800円が現状)

この2点につきるようです。日本は世界的に見ても、独自の携帯文化を持っているのは間違いありません。もはや携帯電話は「家電製品」で持っているのが当たり前になっています。こんなことは今更いうまでもないことです。

ですが、上記2点をのぞいてデバイスとしてのiPhoneはおおむね好評のようです。といっても、フル機能を使える人、その恩恵にあずかる人は利用しているPCに1つでもMacがあり、そしてMacがメイン端末の人だけだと思います。
PDAへの現代的解答とでもいいましょうか。結局は「通話機能つき手乗りPC」が欲しいのだと思います。電話もしたいし、ブラウザも使いたいし、ドキュメントも読みたいしと。日本人はオールインワンが好きと考えてますが、「人間はオールインワンが好き」でいいのかもしれません。

結局、PCを日常的に使う人にとって、その生活はもはやPCに依存しているといって過言ではありません。それを場所を選ばず使えるようにしておきたいという願いに対して、ノートPCを持って歩くにはかさばる、通信環境が保証できないとなると、現代的にもっとも満足度の高い解法は携帯電話に採用されている環境であったのは自明の理だったのでしょう。

ソフトウェアとハードとユーザの追いかけっこ

思ったのは、ソフトウェアの進化と環境の開きが大きくなっていることです。これはいいことですし、当然です。ソフトウェアの発想は人間の脳の中で行われるのですから、可能性はその時点で無限です。
これに対し、ハードウェアつまりデバイスの進化はそれに遅れます。しかし、これも割と時の流れで解決していっていると思います。日本の通信環境はPCにとってかなり遅れていますが、携帯電話が山奥でもつながる時代ですから、その時点で解消される問題は多いと思います。

実際、PCスペックが高くなったからこそできた技術(例えばAjaxなどクライアントサイドで負荷を担う事が重要なもの)が現代を賑わせているのがいい証拠でしょう。

タイトルで私がいっている環境とは、人の環境です。iPhoneはおそらく、必要にかられて使う人というよりは、流行を追う人のシンボルとしての側面によるところが大きいと思います。それもいいと思います。
ですが、そこは表面的なものにしかすぎません。求めているのは、どうやったら人間が使いたくなるのか、使って便利だと思うのかということです。それに結論を出すために、人間の行動の中から普遍的なものを抜粋し、現在の生活に適したものとして具現化するという工程を繰り返しています。

人間が生み出した技術は人間のためにあるというのが特に最近、個人的に思うところです。Inflame Casting #123でもWEBという媒体を中心にして同じようなテーマを話していて、個人的にはこの回がお気に入りです。

人間の情報処理は3次元という仮説?

ごく小さな範囲の話をあえてしますが、私の祖母は韓国ドラマをずっと見続けています。その中で、ビデオテープではなくDVDで閲覧するとなると、DVDプレーヤーの操作方法を覚えなければいけないわけです。そこで、祖母が使い始める前からあった多機能プレーヤーは非常にインターフェースが複雑で、やっぱりビデオでいいと最初はいっていました。そのビデオデッキは以前からあるもので、再生と録画の必要最低限の機能しかないものです。
そこで、再生専用DVDプレーヤーを安く購入し、ビデオデッキとほぼ似た感覚で最小限の手順で操作できるようになると、このDVDプレーヤーはいいものだと絶賛した訳です。現代の流行は複合機に向かっているのにも関わらずです。加えて、市場の価値はかなり低いものにも関わらずです。

ああ、技術ってそういうことだなと私の中ではすべてつながってしまったし、自分が突き詰めて行くものが何なのかが見えました。大事なのはコンテンツ・制約(要求)・インターフェースなのでしょう。
ですが、これだと足りません。当たり前すぎるのです。今、情報の次元というものを考える機会が多く、およその情報は3次元で表す事ができると勝手に思っています。これは、人間が扱う情報はという前置きがつきます。いわく、人間の情報処理能力は、というか脳は3次元までしかわからないそうです。今度ちゃんと調べてみますが。

情報処理を4次元にこだわって考えてみる

Inflame Casting#123では、高齢者向けWEBサービスの可能性について少し触れています。私の祖母についていえば、

  • コンテンツ=韓国ドラマ
  • 制約=DVDでしか見れない
  • インターフェース=再生、停止、一時停止、早送り、巻き戻し

確かに3次元だと思います。が、ここにもうひとつあって、そもそも韓国ドラマは、私の母の勧めで見るようになったのです。先に母が韓国ドラマにはまり、祖母にも勧めて・・・という経緯があったのです。これが新たな次元と仮定します。人が使いたいと思い、使って便利と思うまでの過程に4次元の情報があったと仮定するのです。
何と言うラベルを付ければいいのか分かりませんが、特定の信頼関係はブランドになるようです。facebookはこのブランドをサービスとして取り入れており興味深いです。Amazonなどの、この商品を買った人はこんなものも買っていますの先にというか、別ベクトルなのかわかりませんが、同じ根元です。

ああ、とりとめがなくなってきました。つらつらし過ぎです。バブルマップアプリのテーマも4次元です。というか今後のデザインや開発も当分は4次元がテーマです。実証されるのか、不発に終わるかは分かりません。
自分にとってのブログは発信じゃなくて、文章化による思考の整理と発展のようです。内容が変わってきたので、別エントリでまた触れたいと思います。

この記事へのコメント

作者について

青森県内でソフトウェア・システム開発を行うフリーランスのプログラマー。元々は集中監視システム開発に従事。現在はウェブサイト製作・オンラインシステムの開発案件を中心に、プログラミングのスキルトレーニングや講演も行う。

TEL 0172-55-7030  FAX 0172-55-7031
10:00 - 18:00 土日祝休

恐れ入りますが、お急ぎの場合を除いて、メールにてお問い合わせください。